Switchドックの代わりに使えてコンパクトなアダプタ「GENKI Dock(ゲンキドック)」出張・旅行にSwitchを持ち運ぶなら超オススメ

Switchドックの代わりに使える小さなアダプタ「GENKI Dock」を紹介。

旅行先や出張先のディスプレイやテレビでNintendo Switchを遊びたいとき、Switchドックを持ち運ぶのはかなりかさばる。

そんなときに、このGENKI Dockがあるとかなり荷物が減らせてとても便利です。


GENKIという名前はあまり聞いたことがなかったんですが、どうやらアメリカのゲーム周辺機器メーカーらしい。(公式Webサイト:Genki – Elevating Play Experiences

私の環境でもばっちり使えたので、ここで紹介します!

「GENKI Dock」Switchドックの代わりになるコンパクトなアダプタ

GENKI Dockは、パッと見ではまさかこれでSwitchがテレビに映せるなんて思えないような見た目。

ちょっと大きめのスマートフォン充電用電源アダプタかな?くらいの大きさです。

前面の上からSwitchと接続するためUSB-Cポート、有線LANアダプタ等を接続可能なUSB-Aポート、テレビやディスプレイと接続するHDMIポート。

コンセントに差し込むプラグは折りたたみ可能で、よりコンパクトに持ち運べます。

パッケージの中身はGENKI Dock本体のほか、Switchと接続するために使う両端USB-Cケーブル、世界各国で利用するとき用のコンセントプラグ一式、それに説明書とステッカー。

Switchで遊ぶためにはこれにHDMIケーブルが必要ですが、Switch用に既に利用中のものを使えば問題ありません。

GENKI Dock自体が電源アダプタを兼ねているので、これ以外にアダプタは不要。

ドックを持ち運ばなくても、外出先でテレビやディスプレイに接続できる

さっそくこのGENKI Dockを使ってテレビにSwitchの画面を映してみました。

まず、GENKI Dockをコンセントに差し込みます。

HDMIケーブルでGENKI Dockとテレビ・ディスプレイを接続し、さいごにUSB-CケーブルでGENKI DockとSwitchをつなげば完了です。


するとSwitchの画面表示が消え、テレビ側に映し出されるはず。Switchドックにセットしているのと同じ状態ですね。

しばらくスプラトゥーン2をプレイしてみましたが、いつものSwitchドックと何ら変わりなく遊べました。

荷物がグッと減るのがGENKI Dock最大のメリット

GENKI Dockの最大のメリットは、ドック機能がコンパクトに収まることによりSwitch一式を持ち運ぶときの荷物が劇的に少なくなること。


純正のSwitchドックを含めて持っていく場合、ドックと電源アダプタ、HDMIケーブルが必要。
なんといってもドックが大きいので、バッグの中で結構な場所をとってしまいます。

それに対し、SwitchドックをGENKI Dockに入れ替えるとこの通り。めちゃくちゃ量が減ったのがわかるでしょうか。

GENKI DockとUSB-Cケーブルを合わせてだいたいSwitch電源アダプタと同じくらいの大きさなので、Switchドック分の荷物をまるまる持ち運ばなくて済むことになりますね。


Switch本体、GENKI Dockとケーブル類だけであれば、AmazonベーシックのSwitchケースにも全部入るのでとても運びやすい。

AmazonベーシックのSwitchケース

AmazonベーシックのSwitchケースにGenki Dock含めて全部入る

友人宅や旅行・出張先でSwitchを遊ぶのにオススメ

GENKI Dockの価格は純正Switchドックと同じくらいしますが、よくSwitchを持ち歩いて出先のテレビやディスプレイで遊ぶ、という人にはぜひオススメしたい製品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です