モンハンライズをSwitchの携帯モードで遊ぶなら「グリップコントローラー」を手に入れるべし

モンハンライズをSwitchの携帯モードで遊ぶなら「グリップコントローラー」を手に入れるべし

据え置きゲーム機のようにテレビに映しても、ニンテンドー3DSのように携帯ゲーム機としても遊べるNintendo Switch

Switchソフトであるモンスターハンターライズも、その両方の遊び方ができます。

テレビに映して遊ぶ場合にはProコントローラーがプレイしやすいのはご存知の通り。


携帯モードで遊ぶ場合、もちろんJoy-Conでも遊べますが、ボタンもスティックも小さいのでやや操作がしづらい面も。

そこでオススメなのが、任天堂公式ライセンス商品グリップコントローラー for Nintendo Switch

任天堂公式ライセンス商品のグリップコントローラー

↓ 通常版

↓モンハンライズ限定デザイン


Joy-Con(ジョイコン)に比べてスティックやボタンが大きく、Proコンのような持ち手もあるので格段に操作しやすい。
携帯モードでモンハンライズを遊ぶなら、必須といってもいいアイテムです!

ボタンやスティックが大きく操作しやすい

グリップコントローラーの特徴は、なんといってもその大きなボタンとスティック。

Joy-Conと並べてみると、そのサイズの差は歴然です。

グリップコントローラーとJoy-Conの比較

↓Joy-Conの携帯モードはこんな感じ

Joy-Conの携帯モードはこんな感じ

↓グリップコントローラーだと、かなり持ちやすくなる

グリップコントローラーだと、かなり持ちやすくなる


Proコンと並べると、持ち手もスティックもボタンもだいたい同じくらいの大きさ。
グリップコントローラーは、携帯モードでもProコンに近い操作感を実現するアイテムと言えるでしょう。

Proコンと並べると、持ち手もスティックもボタンもだいたい同じくらいの大きさ

なお、Joy-Con2つで101g、グリップコントローラーは153g。少しだけ重くはなりますが、よほど長時間プレイしない限りは疲れるほどではありません。

Joy-Con2つで101g

グリップコントローラーは153g

追加の補助ボタンと、連射機能つき

グリップコントローラーのもう一つの大きな特徴が、通常のコントローラーにはない補助ボタンと連射機能


裏側を見てみると、ちょうど中指か薬指がある当たりに「FR」「FL」という見慣れないボタンが。

裏側を見てみると、ちょうど中指か薬指がある当たりに「FR」「FL」という見慣れないボタンが

このボタンには、それぞれFRなら右コントローラーの、FLなら左コントローラーの好きなボタン操作を割り当てることが可能です。

このFR・FLボタンによく使う機能を割り当てれば、通常のコントローラーではできないプレイが可能に。場合によっては狩りのスタイルまで変わってしまうかもしれませんね。


「TURBO」ボタンを使えば、各ボタンに連射機能を追加することが可能。

「TURBO」ボタンを使えば、各ボタンに連射機能を追加することが可能

例えばボウガンの発射ボタンにこの機能をつければ、いちいち連打しなくてもガンガン連射してくれますよ。


なお、設定方法は説明書に記載されているので、特に迷うことはありません。

設定方法は説明書に記載されているので、特に迷うことはない

任天堂公式ライセンス商品なので安心。中国系怪しい製品よりこちらを選ぼう

このグリップコントローラーは、ファミコンの時代から任天堂ゲーム機用のアイテムを作ってきた「ホリ」という会社の製品。

任天堂公式ライセンス商品なので、安心して選ぶことができます


Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング等にあふれる中国系の怪しいコピー商品も多数ありますが、それらは公式ライセンス品ではないためうまく使えないなどのトラブルが起きる可能性も。

↓中国系の怪しい製品の例。レビュー良さそうに見えますがサクラです。間違って買わないよう注意!


こういった粗悪品を間違って選ぶことのないよう、注意しましょう。

その点、このグリップコントローラーは信頼できる製品と言えそうですね。

選べる3色のカラー、モンハンライズやパックマン、ピカチュウなど特別デザインも

グリップコントローラーの基本のカラーは、ブルー、クリアブラック、レッドの3色


この基本3色の他に、人気ゲームとのコラボ商品として「デモンエクスマキナ」「ピカチュウ」「パックマン」のデザインをモチーフにしたタイプがあります。


マガイマガドを大胆にあしらった、モンハンライズ専用デザインのグリップコントローラーも発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です