スプラトゥーン3の新ブキや新スペシャル、ステージやサモランなど最新情報まとめ【随時最新】

【随時最新】スプラトゥーン3のブキやサブスペウェポン、ステージやサモランなど発表内容まとめ

2021年2月18日のニンテンドーダイレクトにてサプライズ発表された、Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン3」。
噂にはなっていたものの、まさか本当に発表されるとは思っていなかったので驚きました……!


さらに2021/9/24のニンテンドーダイレクト、2022年2月10日のニンダイと続々新しい情報が公開。

↓2021/9/24ニンダイ

↓2022/2/10ニンダイ


2022年4月22日には、ナワバリバトルのフル映像が公開。弓型の新ブキ・ストリンガーの性能や未発表のサブ、スペシャルのようなものも見られます。
また、それぞれのプレイヤーイカたちが2つ名のようなものを持っており、「トドメ数(キル数)」「注目された時間」などは誰が一番なのかもバトル後に発表されています。


そして2022年8月10日のスプラトゥーン3ダイレクトでかなり多くの情報が公開されました。

↓2022/8/10スプラ3ダイレクト

スプラトゥーン3の発売日は9月9日。8月28日には前作で言う試射会にあたる前夜祭が開催されます。


この記事では、現在公開されている情報からわかっていることを随時更新していきます。
※画像は、任天堂による公開動画やツイートからの引用

スプラ3発売まで、このページで予習しつつ首を長くして待ちましょう!

目次
  1. スプラトゥーン3の世界は「バンカラ地方」
  2. スプラ3に登場するブキの最新情報
  3. スプラ3に登場するスペシャルウェポン
  4. スプラ3に登場するサブウェポン
  5. スプラ3で登場するステージ
  6. サーモンラン「Salmon Run NEXT WAVE」
  7. バトルのルールやアクション
  8. ストーリーモード
  9. スプラトゥーン3の発売日と価格

スプラトゥーン3の世界は「バンカラ地方」

スプラトゥーン1は「ハイカラシティ」、2は「ハイカラスクエア」が舞台となっていましたが、スプラトゥーン3の舞台はハイカラ地方とは異なる「バンカラ地方」と呼ばれるエリア。

「ハイカラ」は、明治時代に誕生した西洋風でおしゃれな様子を表す言葉。
「バンカラ」はその反対語で、粗野・野蛮であったりあえてそのように振る舞う人のことを言うらしい。

ハイカラのアンチテーゼとしてのバンカラは武士道にも通じ、「単に外見の容姿のみに留まらず、同時に内面の精神的なものも含めた行動様式全般」とも理解されていた。つまり外見に無頓着な体裁とそれを正当化するための動機が複合した文化であると言え、単に粗末粗野なだけの恰好、粗暴な様子をバンカラと呼ぶわけではない
バンカラ – Wikipedia

もしかすると、これまでのようにおしゃれでスタイリッシュな雰囲気から、やや無骨であったり荒々しいキャラやギアなどが増えるかもしれません。


中心となる街は「バンカラ街」。パッと見は昔の香港あたりを思わせる、雑然とした雰囲気を感じます。

「1年半前のファイナルフェス」とは、混沌 VS 秩序のあのフェスのこと。スプラプレイヤーならきっと覚えているはず。

このファイナルフェスで「混沌」が勝利したため、スプラ3ではカオスなバンカラ地方が描かれているわけですね。本当にあのフェスの結果で次回作のテーマが決定していたなんて……!

スプラ3に登場するブキの最新情報

スプラ3で登場する新しいブキ「ストリンガー」

初公開されたスプラ3動画では、弓のようなブキが確認されています。

スプラ3で登場する新しいブキ「弓」


2022年8月の現時点でわかっているのは、以下の情報。

  • スピナーと似たような2段階チャージ
  • チャージキープが可能
  • おそらく1確(竹のように1確でない弓も存在する可能性あり)
  • チャージャーのような射線は無し?
  • ローラーのようにジャンプ撃ちは縦、歩き撃ちは横に構える
    (効果の違いは不明)

3発のインクを同時に発射するとのことで、動画で見た感じは射程距離の違う3発がまっすぐ飛んでいるように見えます。リールガンに近い感じの弾が飛ぶんでしょうか?

3発のインクを同時に発射する


その後、この弓型ブキは「ストリンガー」というブキ種と判明。

一撃で複数のインクを発射し、ローラーのように地上ではヨコ射ち、空中ではタテ射ちと姿勢が変化するとのこと。

映像で出ているのは「トライストリンガー」というブキ。

「トライ(3)」という名の通り3方向にインクを発射し、フルチャージすると着弾点でインクを破裂させる効果も。


ストリンガーの解説では「複数のインクを発射」としか記述がないので、トライストリンガーの他に2発、あるいは4発以上のインクを発射するストリンガーも出てくることが予想されます。

近距離型の新ブキ「ワイパー」

8/10のスプラトゥーン3ダイレクトにて新たに公開されたブキが「ワイパー」。

近距離型の新ブキ「ワイパー」

普通に振ると遠心力でインクを飛ばして攻撃します。見たところそれほど遠距離まで飛ぶわけではなさそう。近距離、せいぜい中距離くらいでしょう。


ボタンを長押ししてから離すとタメ斬りという技が可能。威力は高いとのことですが、動画を見る限りは近距離ですら一確ではない様子。このままだとローラーの下位互換になってしまいそうですが。。。まだ隠された機能があるのかもしれません。

ボタンを長押ししてから離すとタメ斬り

もう1つ私が気になっているのは、ローラーやフデのように塗りながらの移動ができるのか?ということ。動画中にはそのような場面はありませんでしたが、それがあるのとないのではかなり戦略が変わってきそう。


ワイパーの基本形である「ドライブワイパー」のほかに、より重く威力の高い「ジムワイパー」がすでに公開されています。


ワイパーについて2022年8月現在でわかっていることは以下の通り。

  • 普通に振ると、遠心力でインクを発射する
  • より高威力の「タメ斬り」も使える
  • ドライブワイパーは近距離3確(たぶん)

スプラ2に登場したブキはすべて使える

どのブキがスプラ3にも登場するのか一つ一つチェックしていたんですが、Splatoon公式Twitterにて「過去に登場したブキの基本形はすべて登場する」とのアナウンスがありました。

しかも『発売当日から』とのことなので、これまでのようにレベルを上げて開放していかなくても最初から基本形はすべて使えるということなのでしょう。


「基本形はすべて使える」ので、例えばわかばシューターは最初から使えるものの、サブスペが異なるもみじシューターやおちばシューターはレベル上げやアプデ待ちが必要ということになりそう。
※ブキのデザインや名称は変わる可能性あり

スプラ3に登場するスペシャルウェポン

「カニタンク」球形とカニ歩き移動、ショットとカノン砲を放つ

スプラトゥーン3の初公開映像で登場した、カニ型ロボットの乗り物に乗ってインク弾を撃つスペシャルウェポン。


2021年9月24日に続報となる映像が発表され、このスペシャルは「カニタンク」と判明。

カニ歩きのほかイカスフィアのような球状になってコロコロと移動ができ、ショット連射と広範囲に威力のあるカノン砲、2種類の攻撃ができるとのこと。


2022年2月の新サーモンラン紹介映像では、RボタンとZRボタンで「撃ちまくれ!」的なメッセージが出ています。

おそらくショットはスペシャル時間中連射ができ、カノン砲は強力な代わりに打つとスペシャル時間終了になるんじゃないかと予想。


「ウルトラショット」改造スパショ、3つの弾を螺旋状に発射

こちらも初公開映像で公開された、スプラ1の最強スペシャル・スーパーショットの改造品。

スプラ1のスーパーショットが再登場


2021年9月24日の情報で、このスペシャルウェポンは「ウルトラショット」であることが明かされました。

螺旋を描く3つの弾を3発放つことができるらしい。


スプラ1のスーパーショットは上下に線状の当たり判定があり、スピードも速い超強力スペシャルでした。

スプラ3のウルトラショットでは、さすがにそこまで強力ではなさそう。それなりに狙って撃たないと当たらないことが予想されますが、螺旋を描く弾とはどのような軌道になるんでしょうか。続報に要注目。


「グレートバリア」発射地点の周りをバリアで囲む

2021年9月24日の第2報にて発表された新スペシャルが、「グレートバリア」。

スプラ1のバリアを改造したものとのことですが、ほとんど別物と言っていいスペシャルになっています。


グレートバリアを発動すると、その場に広範囲にわたったバリアを設置して外からの攻撃を防ぐらしい。

たとえばガチエリアを取った上でグレートバリアを張れば、効果時間中は確実に守れちゃうんじゃないでしょうか。だとしたらあまりに強すぎるので、一定ダメージで壊れる仕様にするのかも。

味方が乗ったガチヤグラにバリア展開するのもめちゃくちゃ強そう。カンモン到着時に合わせれば、ほぼ確実にカンモン突破くらいはできるでしょう。

ガチアサリなら、味方がアサリを入れているところにバリアを張ればある程度の点数は約束されそう。


使い方によってはガチマッチでのパワーバランスを壊してしまいかねない強力すぎるスペシャルなので、詳しい性能が気になるところです。


「ショクワンダー」壁に張り付いて自由に移動できる

こちらも2021年9月に公開された新スペシャル、「ショクワンダー」。

影の戦士・ショクワンダーに変身し、ワンピースのルフィのように伸びる長い腕を伸ばして壁に張り付いて移動。

発動位置はジェットパックのようにマーカーで表示され、スペシャル終了後には元の位置に戻るとのこと。


ローラーやフデ、ボールドのような短射程ブキと相性が良さそうなスペシャルですね。

スプラ2では長射程ブキが圧倒的有利でしたが、こういった短射程救済スペシャルがあるのは面白い。私もホクサイ・パブロ使いなので、一方的にやられていたハイドラントやチャージャーにこのショクワンダーで近づいてブチ倒したいぜ。。。


逆に長距離ブキにとっては近づくメリットがないので、ショクワンダーがついてしまうと死にブキになってしまうかも。


「メガホンレーザー5.1ch」追尾するミニメガホンレーザー×6

2021年9月公開、スプラトゥーン1のメガホンレーザーを改造した「メガホンレーザー5.1ch」。

スプラ1では食らうと即死とはいえ太いレーザー1本が出るだけであまり強くはありませんでしたが、今回の5.1chでは敵を追尾する小型メガホン6基に。

当たると即死だと強すぎるので、おそらくスプラ2のハイパープレッサーのようにある程度食らうとやられる感じになるでしょう。


「トリプルトルネード」初代スプラのトルネード×3!

2022年4月の新映像にて判明した新しいスペシャルが「トリプルトルネード」。

初代スプラでは弱スペの烙印を押されてしまっていたトルネードですが、スプラ3でなんと3倍になって帰ってきました。

動画を見たところ効果時間が少し短い印象ですが、裏を返せば発生が速いということ。
一撃で倒せる威力があり効果範囲もそれなりに広いので、これは強いかもしれない……!

特にエリア奪取やヤグラ防衛には圧倒的な力を発揮しそうです。強スペの予感。

「キューインキ」相手のインクを吸い込み反撃

これまでになかったカウンタータイプのスペシャル「キューインキ」。

業務用掃除機のような形をしており、相手の攻撃によるインクを吸い込んで反撃の弾を放ちます。

防衛にも使えるし、映像を見る限り反撃の弾も強力。吸い込んだインク量によるのでしょうが、かなり広範囲に一撃必殺の爆発を起こしています。

側面や背面からの攻撃には弱そうなので使いどころを選びそうですが、相手の位置を把握してから発動すれば非常に強力なスペシャル。

「エナジースタンド」飲むと自チームを一定時間強化する

スプラトゥーン3ダイレクトにて新たに公開されたのが「エナジースタンド」。

「エナジースタンド」飲むと自チームを一定時間強化

発動して投げるとそこに自動販売機が出現し、4本のドリンクを提供。飲んだ自チームメンバーは動きが素早くなるなどさまざまなステータスアップ効果があるとのこと。

ステータス上昇中はプレイヤーの横に黒とピンクの上矢印が表示されます。

動きが素早くなるなどさまざまなステータスアップ効果


相手に盤面を抑えられたときの挽回局面で絶大な力を発揮しそうなスペシャルですね。

「ホップソナー」マーキング&ダメージ効果のウェーブを発生

こちらもスプラ3ダイレクトで公開された、「ホップソナー」。

子供のおもちゃでよくある空気で浮かせる球をイメージした外見で、設置場所のまわりにウェーブを発生させる効果。

「ホップソナー」マーキング&ダメージ効果のウェーブを発生

ウェーブに当たった敵をマーキングできるほか、ダメージを与えることもできるとのこと。
(ダメージ効果があるのは全ウェーブなのか、最後のウェーブのみなのかは不明)

ウェーブはジャンプで避けられますが、ジャンプした敵は無防備なので攻撃しやすい。

ウェーブはジャンプで避けられる

グレートバリア同様、エリアやヤグラの防衛に特に使えそうな感じ。逆にナワバリだと使いどころが難しそう。

「サメライド」レールに沿って走り爆発を起こす

もう1つの新スペシャルが「サメライド」。

発動すると左右にレールのようなものが出現。それに沿ってサメの乗り物が疾走し、終点までくると回転&爆発します。

「サメライド」レールに沿って走り爆発を起こす

見た目はまったく違いますが、爆心地点が事前にわかりそこから円状にインクと確殺範囲が広がるという意味ではナイスダマに近いと言えなくもない……?

ナイスダマに近いと言えなくもない……?

それほど強そうな印象は受けませんが、発動時無敵なりバリアが付与されていればそれなりに活躍するかも。

ミサイル、ジェッパなどスプラ2のスペシャルも

スプラ1→2のときは全スペシャルが一新されましたが、スプラ3ではスプラ2のスペシャルも一部続投するようです。

スプラ2の代表的なスペシャルである、マルチミサイル

マルチミサイル

ジェットパック

ジェットパック

アメフラシ

アメフラシ

ウルトラハンコ

ウルトラハンコ

ナイスダマ

ナイスダマ


スプラ3の派手なスペシャルに比べると、正直見劣りしている感が否めませんが。。。どうなんでしょう。

たとえばナイスダマは知る限りの性能だとトリプルトルネードの下位互換だし、スプラ2ですら弱スペだったハンコがスプラ3で活躍できるとも思えない。


バンカラ地方では既存ブキやスペシャルの改造が流行っているようなので、もしかするとスプラ2スペシャルもこれまでより強化されているのかもしれません。

スプラ3に登場するサブウェポン

「ラインマーカー」一直線に飛び、触るとマーキング

スプラ3で新たに登場するサブウェポンのひとつが、ラインマーカー

狙った方向に一直線に飛び、壁や地面に当たると反射。通過した場所にはしばらく線が描かれ、触った相手はマーキングされます。

多少のダメージもあるようなので、ラインマーカーを当てて体力を減らしつつマーキングし、メインでとどめを刺す動きがかなり強そう。

スプラ2のサブウェポンも続投

ボムなどのサブウェポンについては、スプラ1→2の例を見る限りではスプラッシュボムやクイックボム等の基本的なものは続投カーリングボムやロボットボムなどの特殊系に関しては新しいものとの入れ替えとなることが予想されます。


これまでに、スプラッシュボムとクイックボムについては続投が確認されています。

スプラ3のスプラッシュボム

スプラ3ののクイックボム

また、ナワバリバトル映像でポイズンミスト、ポイントセンサー、カーリングボムも確認済み。
ポイントセンサーはボムのような放物線から直線投げに変更となっているようです。


以下はスプラトゥーン2に出てきたサブウェポンのうち、公開動画で確認できたものに○をつけた表です。

スプラ1・2と登場してきたキューバンボム、トラップ、スプラッシュシールド、スプリンクラー、ジャンプビーコンについてはスプラ3でも続投する可能性が高いと思っていますが、果たしてどうでしょうか。

【追記】
スプラ3ダイレクトの映像を確認する限り、スプラ2のサブウェポンはすべて続投となったようです。

確認済み
スプラッシュボム
キューバンボム
クイックボム
カーリングボム
ロボットボム
トラップ
ポイズンミスト
ポイントセンサー
スプラッシュシールド
スプリンクラー
ジャンプビーコン
タンサンボム
トーピード

スプラ3で登場するステージ

スプラトゥーン1からの復活ステージ

キンメダイ美術館

スプラトゥーン3では、スプラ1のキンメダイ美術館の復活が決定。

真ん中に回転する足場が設置されており、塗って上ることも可能。

立体的でありながら相手高台にも比較的リーチしやすいステージで、下段のフィールドは広くて段差が少なく短射程ブキでも戦いやすいのが個人的に嬉しい。

真ん中に回転する足場が設置されているキンメダイ美術館

リスポーン地点周りは入り組んだ地形。

リスポーン地点周りは入り組んだ地形

一応(?)美術館なので、クラゲたちが絵を描いたりしてます。
※キャラクター名あるのかなと思って調べたけど「クラゲ」でした

一応美術館なので、クラゲたちが絵を描いたりしてる

スプラ1でも好きなステージの1つだったので、楽しみ!

スプラ1でも好きなステージの1つだったので、楽しみ

マサバ海峡大橋

こちらもスプラ1からの採用となる、マサバ海峡大橋

マサバ海峡大橋

細長く直線的なステージなのでやや長射程有利に感じますが、「長い工事期間を経て」登場したとのことなのでどのように変わっているのか見もの。

マヒマヒリゾート&スパ

スプラ1で途中から追加されたマヒマヒリゾート&スパも、スプラ3で再登場。

マヒマヒリゾート&スパ

時間経過で中央付近の足場が上下するのが特徴で、ナワバリの場合は塗り残しに注意が必要。高台はあるものの短中射程でもアクセスしやすいので、全ブキがそれぞれ輝けそうなバランスの良いステージです。

スプラ2の続投決定ステージは「海女美術大学」など4つ

2022年8月の現時点でスプラ2から続投が決定しているステージは、「海女美術大学」「チョウザメ造船」「ザトウマーケット」「スメーシーワールド」の4つ。

スプラ2の続投決定ステージは「海女美術大学」など4つ

短射程に厳しく中長射程が有利なイメージのあるスプラ2ですが、特にその特徴が強いステージ(アロワナ、ハコフグ、ホッケ、モンガラなど)が含まれていないのは好印象。
(今後のアップデートで追加される可能性はありますが。。。)

スプラ3で登場する新ステージ

ユノハナ大渓谷

初公開動画にて一番最初に紹介された、スプラ3の新ステージ。

2021/9/24の第2弾情報にて、ここは「ユノハナ大渓谷」というステージだと判明しました。


リスポーン地点からすぐはなだらかな坂になっており、中央は真ん中に高台があるほかは段差も少なく広いフィールド。

スプラ3のユノハナ大渓谷

何らかの工事や発掘作業をやっていたのか、工具や柵などが設置されています。

何らかの工事や発掘作業をやっていたのか、工具や柵などが設置されている

奇妙な石積みのオブジェクトが多数立ち並ぶ殺風景な荒野。

奇妙な石積みのオブジェクトが多数立ち並ぶ殺風景な荒野

こちらもフデ使いの私としては動きやすい広く平坦なフィールドなので、登場が嬉しいステージのひとつ。

フデ使いの私としては動きやすい広く平坦なフィールド

ゴンズイ地区

2021年9月に公開されたもうひとつの新ステージが「ゴンズイ地区」。


一応高台はあるものの、平坦で広々としたステージ。

一応高台はあるものの、平坦で広々としたステージ「ゴンズイ地区」

シャープマーカーでの塗りもはかどりそう。

シャープマーカーでの塗りもはかどりそう

高速道路にありそうな案内板。建設中なんでしょうか。

高速道路にありそうな案内板

ゴンズイ地区は周りをビル群に囲まれた街中にあるんですね。

ゴンズイ地区は周りをビル群に囲まれた街中にある

ナメロウ金属

ナメロウ金属

マテガイ放水路

マテガイ放水路

ヤガラ市場

ヤガラ市場

アップデートでステージ追加予定

スタート時点では12ステージですが、これまでのスプラトゥーンと同様にアップデートにてステージが追加されていくとのこと。

スタート時点では12ステージ

下の画像ではアプデ追加ステージとして2つ紹介されていますが、左はもしかしてヒラメが丘団地……?

アップデートでステージが追加される

まったくの新ステージなのか、はたまたスプラ1やスプラ2からの再登場となるのか、楽しみですね。

サーモンラン「Salmon Run NEXT WAVE」

2022年2月10日のニンテンドーダイレクトにて、新情報が発表されました。
その名も「Salmon Run NEXT WAVE」!

今回のイカバイトたちは服装もより作業員っぽくなり、ヘリからバイト先へと飛び立ちます。

ヘリからバイト先へと飛び立つイカたち

スプラシューター、ホット(ロング?)ブラスターらしきブキを持参。左のブキは何だろう?

スプラシューター、ホット(ロング?)ブラスターらしきブキを持参

バクダンなど前作でもおなじみのオオモノシャケたちがいる中で、

バクダンなど前作でもおなじみのオオモノシャケたち

突如登場した新しいオオモノシャケ「ハシラ」
柱を塗って上に登り、クルクル回るシャケたちを倒せばいいらしい。短射程が処理するのはしんどそう。。。

新しいオオモノシャケ「ハシラ」

こちらも新オオモノシャケ「ダイバー」
上空からターゲットする丸いエリアを塗り尽くせば着地に失敗するので、そのスキを狙って倒しましょう。

新オオモノシャケ「ダイバー」

イカバイトたちの新アクション「イクラ投げ」
少しインクを消費して、イクラをボムのようにひょいっと投げるアクションです。
サーモンランはカゴへの納品にかかる移動時間がネックだったので、これは便利そうだ……!

新アクション「イクラ投げ」

新スペシャルとしてすでに公開されているカニタンクも登場。
Rボタンでインク連射、ZRボタンで広範囲攻撃のカノン砲を放つようです。

新スペシャルとしてすでに公開されているカニタンク

映像の最後には、まるでゴジラのように海岸から上陸してくるこれまでにない巨大シャケの姿も……!?

ゴジラのように海岸から上陸してくるこれまでにない巨大シャケ

新サーモンランのタイトルは、「Salmon Run NEXT WAVE」と判明。

新サーモンランのタイトルは、「Salmon Run NEXT WAVE」と判明

サーモンランのステージ

2022年2月の公開映像にて発表された「Salmon Run NEXT WAVE」。

サーモンランの続投が決定し、新しいオオモノシャケや謎の超巨大シャケ、新アクションの「イクラ投げ」などの存在が判明しました。

【新】アラマキ砦

新サーモンランにて舞台となるステージの1つが「アラマキ砦


ステージ構成としてはユノハナ渓谷に近く、なだらかな坂と中央の広いフィールドが特徴。
サーモンランは高さがあると非常にやりにくいので、こういった平坦なステージは納品しやすくていいですね。

ステージ構成としてはユノハナ渓谷に近い「アラマキ砦」

「砦」という名前ではありますが、何らかの採掘現場っぽい。
シャケたちが出現してきそうな海は片側に集中しているように思いますが、果たして。

シャケたちが出現してきそうな海は片側に集中していそう

バトルのルールやアクション

ナワバリバトルはこれまで通り

基本的なナワバリバトル(レギュラーマッチ)はいままで通り。

地面を塗りあった面積で勝敗を決める、いつものやつです。

レギュラーマッチ

ガチマッチ→バンカラマッチのルールや仕様

スプラトゥーン3では、ガチマッチがバンカラマッチという名前になりました。

1人で参加する「チャレンジ」と、1〜4人で参加可能な「オープン」に分かれており、どちらでもウデマエを上げるためのウデマエポイントが貯められます。

バンカラマッチ

「チャレンジ」では5勝 or 3敗するまでを一回の挑戦として、その結果に応じてウデマエポイントをゲット。
「オープン」では、1試合ごとにウデマエポイントが上下するもののその値は控えめとのこと。グループで参加してもストレスが溜まりにくいようにとの配慮でしょう。


ウデマエポイントを貯めると徐々にランクが上がっていき、例えばC+からB-など節目のときには「昇格戦」に挑戦可能。
「昇格戦」は1人参加のチャレンジのみで、3敗する前に3勝できれば無事昇格となります。

一度上がったウデマエは下がりませんが、3ヶ月ごとに訪れるシーズンの節目で全員一律で少しずつ下がります。

スプラ2の強いストレスの原因の1つであるウデマエ割れがなくなったのは嬉しい!


バンカラマッチのルールは、少なくとも発売時点ではスプラ2と同様にエリア・ヤグラ・ホコ・アサリの4ルール

エリア・ヤグラ・ホコ・アサリの4ルール

ただし、ガチホコはこれまでのようにゴールを一直線に目指すのではなく、ヤグラのようにカンモンを巡りながら進めていくスタイルに変更となっています。こちらも良いアップデート。

ガチホコはカンモンを巡る方式に変更

「イカスポーン」空中から任意の場所でバトルを開始

これまで、バトルのスタートは決まったリスポーン位置からと決まっていました。

スプラ3ではそれが変更となり、自ら決めたスタート位置に勢いよく飛び出す「イカスポーン」と呼ばれるシステムとなっているようです。

ステージのどこでも選べるのか、それとも決められたエリア内から選ぶのか?
デスした場合の再スタートはどこから?

など、詳しい情報はまだわかっていません。

地面や壁から回転しながら飛び出す「イカロール」、カベを勢いよく登って飛ぶ「イカノボリ」

ツイートでは、新アクションの「イカロール」「イカノボリ」についても言及されています。


イカロール」は、ある程度バリアが貼られるとの言及あり。かなり重要なアクションになりそう。

イカノボリ」は、動画を見る限りカベを登りきった後にハイジャンプをする効果があるようです。

スプラトゥーン3のイカノボリ

勢いよく登るというのは、スプラ2のBボタン連打のような効果があるということなんでしょうか?続報が楽しみ。

ストーリーモード

公開された動画の最初のキャラ選択画面では、イカ・タコのガールとボーイが自由に選べるようです。

パートナーはなぜかコジャケ。このコジャケがどのような役割を果たすのかはまだわかっていません。


荒野にあるバンカラ地方およびバンカラ街が舞台となり、ステージ間の移動はおそらく電車となりそう。

スプラ3の駅

スプラ3の電車内


ストーリーモードのタイトルは「哺乳類の帰還」と発表されました。

ジャッジくんとコジャッジくん以外の哺乳類は絶滅したはずのスプラトゥーンの世界。哺乳類が侵略者として攻めてくる、ということなのでしょうか……?

キービジュアルには主人公とコジャケ、アオリとホタル、司令となった3号にアタリメ元司令、それに謎の生物の姿も。
アオリとホタルはメインMCに復帰するのか?テンタクルズは?など気になるところです。

今回もタコ軍団が敵として登場するようですが、なぜか毛がびっしり生えているとのこと。哺乳類軍団に取り込まれ操られている、とか?


オルタナ」と呼ばれる場所には、ロケットやバンカラ地方とは違う高層ビル群。
これはもしかして哺乳類が住んでいる星?

オルタナにはケバインクという物質があり、触れると毛が生えて自我を失ってしまうらしい。
これがタコ軍団を制圧した毛の正体で、このケバインクをつくったのが哺乳類たち?

主人公のオトモであるコジャケは、ケバインクを食べて除去する力があるらしい。同じ魚介類のはずなのになぜこのような能力を持っているかは不明。

スプラトゥーン3の発売日と価格

スプラトゥーン3のプラットフォームは、もちろんNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

発売は2022年9月9日に決定しました!『夏じゃないやんけ!』と思いつつも嬉しい!
価格は定価がパッケージ版6,578円、ダウンロード版6,500円となっています。

↓Amazon限定アイテムつきパッケージ版

↓通常パッケージ版

↓ダウンロード版


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。