逮捕された元プロゲーマー「いぐ(YIG)」の本名や年齢、プロフィールは?【スプラトゥーン】

(画像出典:YouTube

2020年10月7日、強制性交等とわいせつ目的誘拐の疑いで逮捕された、浅野可意(かい)容疑者(20)。

元々はCreativesというプロチームのスプラトゥーン部門で活動していた元プロゲーマーだったとのこと。


このページでは、いぐ(YIG)選手がどういう活動をしていたのかなど、これまでの実績等について紹介します。

いぐ選手のプロフィール

ハンドル
ネーム
いぐ(YIG)
本名:浅野可意(かい)
年齢 20歳(誕生日:1999年11月17日)
出身地
居住地
岡山県出身、東京都在住
見た目・顔 2017年12月、スプラ甲子園突破したときの写真。一番左がいぐ選手です。

2020年には金髪にしてかなりイメージが変わっている様子。

YouTube
チャンネル
いぐ51 – YouTube
(登録者数:148人)
Openrec いぐ | OPENREC.tv (オープンレック)
(フォロワー数:3人、動画投稿なし)
SNS いぐさん (@YIG_51) / Twitter
(フォロワー数:1,675人)
所属チーム Creatives(2019-2020、メンバー:はるるん、ダークパブロマン、びshoじょ、inumaru、オレがAce)
主な利用ブキ ホクサイ、.96ガロンデコなど
主な実績
・タイトル
第3回スプラトゥーン甲子園 本戦出場(キャンピング時代キタコレ)

※データは2020年10月現在

「いぐ」はどんなプレイヤー?

Creativesに所属していた元プロプレイヤー

いぐ選手は、Creativesというチームに所属していた元プロゲーマー。

加入したのは2019年12月11日なので、1年も経たないうちに契約解除されたことになります。


いぐ選手こと浅野可意容疑者が逮捕されたのは10月7日ですが、Creativesのスプラトゥーン部門リニューアルはそれより前の9月17日。いぐ選手の名前はここにはありません。

元々素行などに問題があったのか、結果が出せなかったからなのか、あるいは既に事件の話がチームに伝わっていたのかは不明だったんですが、以下の声明によると8月28日の時点で事実確認をしていたらしい。

当社が現在認識している事柄は以下の通りになります。

・SNSで今回の事件の騒動を知り、8月28日に本人と事実確認を行いました。

当初、本人から未成年を自宅に連れ込んだのは間違いないが、後の事は否定しておりました。しかし当社はこの事態を大変重く受け止め彼の処分を進めておりました。その後、警察の捜査の中、9月1日に彼の処分を決定致しました。

・9月1日に本人から、8月28日に当社と行った事実確認とは異なる報告と謝罪を受けました。

・同日チームアカウントより、除名処分を行いました。
お詫び 当チームの元メンバーについて – Creatives


Creativesというチームは正直知らなかったんですが、私でも知っているところでいうとスプラ甲子園でも活躍した「ぽぽじろう学園高等部3年A組」のあまり選手がCreativesのストリーマー部門に所属しているようです。
※もちろん、たまたま同じプロチームの別部門にいたというだけで、いぐ選手との関係性はありません

第3回スプラ甲子園で本戦出場。それ以外に目立った実績なし

いぐ選手は、第3回スプラトゥーン甲子園にてチーム「キャンピング時代キタコレ」に所属し、ジャンプフェスタDAY 1を勝ち抜いて本戦に出場した実績があります。

3年ほど前なので、今の顔の印象とは全然違いますね。おそらく一番左がいぐ選手。

現在はこちら。専門学生デビューしたのか金髪になっており、いかにも20歳のチャラいニーチャンという感じですね。
普通にしてもそれなりにモテそうではあるのに、なぜ女子中学生に手を出してしまうのか。。。

第5回スプラトゥーン甲子園にもCreativesで出場したようですが、検索してもその結果は見つからず。おそらく予選敗退だったものと思われます。


本人のツイートからすると、2500を超えるくらいのXパワーだったらしい。
確かに相当強いプレイヤーではあるものの、トッププロにはまだ及ばないくらいの実力だったのでしょう。

プロゲーマーとしてのフォロワーや実績には乏しい

元プロゲーマーとして活動していたいぐ選手ですが、実際にはそれほど大した活動をしていた形跡はありません。

YouTubeの登録者数は148人、Twitterのフォロワー数は1,678人(いずれも2020年10月現在)。
1年近く活動していたプロとしては、ちょっと寂しい数字です。


YouTube動画自体はそれなりに投稿しているものの、ほぼ無編集でサムネも同じなのでどんな動画なのかわからない。タイトルにもまったく工夫がないですし、あまりモチベーションは高くなかったのかもしれません。

強制わいせつ事件の経緯

いぐ選手こと浅野可意容疑者は、今年8月ごろTwitterで知り合った都内の10代女子中学生に対し、「一緒にオンラインゲームの観戦をしよう。女性もいるよ」とメッセージを送信。(実際には女性はおらずいぐ選手1人だった)

女子中学生を誘い出して自宅マンションに連れ込み、わいせつな行為をしたとのこと。


浅野容疑者は「中学生と知りながら自宅まで案内し行為をしたことは間違いないが、無理矢理連れて行った訳でも、暴行を加えたわけでもない」と容疑を否認しているとのことです。


浅野容疑者(いぐ選手)の最後のツイートは、事件についてのもの。

以下の文面では「そのような行為も会話も一切しておりません」とありますが、ニュースでは『行為をしたことは間違いない』とその点については認めているので、既に矛盾がありますね。。。

さほど有名な選手ではなかったとはいえ、スプラトゥーンおよびプロゲーマーの面汚しと言われても仕方ない今回の事件。

女子中学生へのわいせつ行為が事実なのであれば、法によりきちんと罰せられるのを望みたいところです。

主な利用ブキと関連動画

いぐ選手が主に使っていたのは、ホクサイ。

私もホクサイ使いなので、このような輩が同じブキを使っているというのは本当に嫌ですね。。。

環境的に厳しさを感じていたのか、.96ガロンデコなども使っていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です